一老人の思い込み

老人の目から見た日本と世界

中国公船による尖閣海域侵入

広告

動機を分析し、冷静に対処する

 

 

中国公船による中国漁船の取り締まり

中国公船による尖閣諸島周辺への領海侵入を繰り返して日本片挑発を強めている。中国政府は自国漁船を管理する名目で多数の中国公船を尖閣周辺に送り出し、尖閣の領有権の正当性を主張している。

 

岸田外相は中国の程永華駐日大使に対し、「一方的に現場の緊張を高める行動を取っていることは断じて受け入れられない」と抗議。公船の即時引き揚げを要求した。面会後、程永華大使は記者団の取材に応じて「釣魚島は中国固有の領土であり、中国の関連の船舶がこの海域で活動するのは当然のことだとの中国側の立場を説明した」と語った。その上で「外交チャネルの対話を通じ、解決に向けて努力していくべきと伝えた」と述べている。

 

中国政府は日本政府に対して冷静な対応を要求しながら、日本政府の対応を見ながら次第にエスカレートさせてきている。

 

中国問題の専門家は日本というターゲットが一番、敵役として最適。日本を敵役にすることで、自らの政権の安定化を狙っていると述べている。

 

中国政府のシナリオ

中国政府は日本政府が挑発に乗るのをまっている。日本政府が自衛隊の艦船を派遣すれば中国政府は日本の数倍の艦船を繰り出し、戦闘機をわざと自衛隊の艦船に近づける。自衛隊の艦船が、防御の為の警句射撃をすれば、間違いなく攻撃されたとして、反撃するのが、これまでの中国政府の手法である。映像まで捏造し、正当防衛を強調して、捏造した報道を国内に配布して、ナショナリズムを高めるのが中国政府のシナリオである。

 

日本政府の対応

中国政府の動機が中国国内の権力闘争であるならば、日本政府が取り得る対策は冒険主義を改めさせるために、メディアを介して中国政府の行動を国際世論に訴えることである。

 

いま日本ができることは中国政府の行っていることを完全に映像化して国際的に流し、中国政府の邪な考えを捨てさせることである。

 

尖閣国有化で、中国政府が日本に対して行ったレアアースの輸出禁止があったが。日本は代替品の開発に成功し。中国の企ては失敗に終わった。中国政府は日本政府ほどは信用されていない。日本政府が冷静に対応すれば中国政府の企ては成功しない。

 

まとめ

  • ”自国の領海”で操業している中国漁船の取り締まりのために自国の公船を派遣しているという中国政府の論法。
  • 中国政府は日本が挑発されるのを待っている。
  • 全ては中国国民のためではなく、習近平政権の維持のため。
  • 中国政府は日本政府より信用されていない。