一老人の思い込み

老人の目から見た日本と世界

ホンダの自立するバイク ― バイクのゲームチェンジャー

広告

技術革新により、市場が大きく開かれる。

 

本田技研工業は、1月5日から8日までアメリカ、ネバダ州ラスベガスで開催されたCES2017でHonda Riding Assistのデモンストレーションを行った。これはライダーの乗車にかかわらず、常に自立する世界最初の2輪車である。

 

f:id:tpspi:20170109105838g:plain

credit:  Honda Rider Assist, 本田技研工業ホームページ

ユーチューブ動画: Honda Riding Assist

 

バランス制御技術を2輪車に応用し、ライダーのバランスが崩れても、バイク自体がバランスを保つことができ、停止、低速、及び高速走行時、コーナリングにおける転倒リスクが低減する。

 

従来のバイクの危険性

信号待ちの時、止まった時、坂道などでバランスを崩したときや、バイクを傾けてカーブを曲がるとき、スリップにより転倒することがある。

 

ライダーが初心者の場合やバイクが大きすぎたり、重過ぎたりすると、低速走行時に車体が不安定となり、転倒し、ライダーは体と心に傷を負、バイクの運転を避けるようになる。

バイクにおけるイノベーション

セグウェイやBMWのモトラッド・ビジョンのコンセプト・バイクでは平衡を保つための重いジャイロスコープを使用している。これに対して、ホンダでは独自に開発したアシモの平衡システムで培った技術と同社のシリコンバレーの研究所で開発したUNI-CUBスクータの技術を採用している。

 

メカニズム

ホンダでは航空機では一般的なステア・バイ・ワイヤ制御システムを採用し、時速5キロ・メートル以下では前輪フォークからハンドルの制御を切り離し、前輪の制御をコンピュータで行っている。制御システムは傾斜角度を検知し、車体が転倒しないように車輪を傾ける。この動作は一秒に数千回行われる。更に、制御システムは前輪の角度も調整して、重心を下げて、バイクの走行を安定させている。これによりバイクは自立することが出来る。

 

ハンドルと前輪は独立したモータで駆動しており、ステア・バイ・ワイア・モードで分離されているときでも、動作は同期しているため、ライダーは低速で運転することができる。時速5キロ以上の速度で運転すると、2個のアンカーで前輪が固定され、バイクを普通に運転することができる。

 

誰でもバイクを楽しむことが出来る

この新しい技術により、ほとんどのライダーは快適にバイクが運転できるようになる。ライダーが高齢でも小柄で、バイクを重く感じても、転倒のリスクが低減するので安心して運転することが出来る。

 

商品化

このバイクの市場投入予定については公表されてない。

 

視点

ホンダが長い時間をかけてアシモを開発してきた理由が分かってきた。ホンダは短期の利益を追求せず、画期的な技術を提供する夢のある会社である。

従来のバイクでは、転倒すると命の危険があった。この技術により、これまで安全性からバイクの利用を避けてきた人たちも、取り込める可能性がある。今後、バイクのイメージは大きく変わることだろう。

このバランス制御技術は自転車にも利用することが出来、子供や老人を事故から守ることができる。

更に、自動車庫入れ、自動操縦、など様々な用途が考えられる。