一老人の思い込み

老人の目から見た日本と世界

自動車トップ企業と中堅企業の提携の思惑

広告

トヨタの資本力と、マツダのデザイン力と技術力

****

大企業と中小企業との提携

トヨタとマツダは業務資本提携することを発表した。両者は共同して電気自動車の開発を加速し、米国で電気自動車の製造工場を建設することになった。両者はこれまで電気自動車を発売しておらず、両者の優れた技術を結集して時代の流れに対処することになる。

 

ゲームチャンジャーとしての電気自動車

電気自動車と自動運転自動車が出現して、巨額な開発費用と技術の急激な進歩の時代で、中小の企業はもちろんのこと、トヨタのような世界最大の企業の1つであっても激動の時代では生き残りは容易ではない。

トヨタの豊田章男社長が述べているように将来、車はカーメーカが独占できなくなる。グーグルやアマゾンなどのシリコンバレーの企業が参入の機会をうかがっているからである。

 

トヨタの戦略

トヨタはプリウスやアクアなどのハイブリッド車でここ数年市場を独占してきたが、世界的な排出ガス規制により最近電気自動車が特に注目を集めている。

イギリスやフランスは2040年までにディーゼル車とガソリン車の販売禁止 すると報道されており。大気汚染に悩む中国でも政府が減税や補助金、充電ステーションの整備などで電気自動車の普及を強力に推し進めている。このような状況でトヨタは既存の競争に加えて新規参入のテスラを迎え撃たなければならない。

 

トヨタとマツダ思惑

マツダはこれまで効率の良いガソリン車に特化しており、電気自動車の技術がなかったため、自前で開発するには中小の企業では容易ではなく、有力な提携先としてトヨタを選んだ。一方、トヨタはマツダの優れたデザイン力と高い技術力に惹かれて提携先として選んだ。生産する電気自動車を他のメーカと違いを出すためには使いやすさ、性能、及びデザインで違いを出さなければならない。それができなければ、価格競争で中国企業に敗れてしまう。そのために、トヨタはマツダのデザイン力と技術力に期待している。

 

まとめ

トヨタは電気自動車での戦いでマツダのデザイン力と技術力に期待し、マツダは生き残りをかけてトヨタの資本力に期待して提携した。

 

参考文献

Jonathan Soble et. al, “Toyota to Take 5 Percent Stake in Mazda and Build Joint U.S. Plant”, New York Times 2017-8-4